生命保険、ソルベンシーマージン比率、生命保険会社、生命保険営業、リスクマネジメント、生保営業、格付け、保険、FP、ファイナンシャルプランナー、歯科、ライフプラン
生命保険営業の方のページ

History  過去から未来まで


 生命保険営業の仕事は、契約していただいた時に終わるのではなく
 まさにその時から始まり、そのお客様に万一の事が起こってしまった時に
 ご家族に保険金を届けた時に終わるのである。
 『お客様の一生涯の担当者でいること』こそが最高のサービスである。
 その時の出逢いが 人生を根底から変えることがある よき出逢いを
                                 (相田みつを)



私は、この2つの言葉に出逢った時から、生命保険営業の仕事に対する
考え方、取り組み方が変わったのを今でも覚えています。


私は現在35歳になりますが、20歳の時に母親(43歳)をガンで亡くし、
続いてその4年後の24歳の時には、父親(58歳)をまたガンで亡くして
しまいました。
当時は、とても悲しい気持ちの中で、『なんでうちだけ』『なんで自分だけ』と
考えてしまいました。
ただいつまで悲しがっていても、悩んでいてもしょうがない、何も変わらないと
思い、この年齢で両親をガンで亡くし、長く悲しい看病、家族の暗い雰囲気、
両親の苦しむ姿、おまけに喪主まで。
そして、生命保険に助けたれたという経験をした人間は、あまりいないなと考え、
この経験を良い方に生かして、まわりの人に役立つ仕事、『そうだ!生命保険の
営業』
と思い25歳の時に生命保険業界に飛び込みました。

ただ現実は、今回お話させていただいたような環境の中で、私自身も思った
ような結果が出たかと言うとそうではありませんでした。
しかし、当時は、それ程名前も存在も知られていなかった外資系生保の保険を、
当時25歳という経験も少ない自分から加入して頂き、また大切な友人・知人に
までご紹介頂いたお客様など、どんどん増えていきました。
それに比例して、その方々の信頼に対する責任感もどんどん高まっていきました。

しかし、その信頼に応えていけるのかという不安も、たくさんありました。
なぜかというと、生命保険営業の現状でも書いたように、私の周りで同じような
気持ちで同じように仕事している仲間が、どんどんと退職していくのを見ていた
からです。
私が3年前に独立した時ですが、その会社には創業から10年間で、
累計約2,200名の営業の方が入社されましたが、その時の在籍人数は、
約450名でしたし、その会社に、6年間所属していましたが、私より以前に入社され
その時も営業として在籍していたのは、たったの20名程度でした。

いつか自分も、その方々と同じようになってしまうのかなという不安を持ちながら、
時間だけが1年、2年、3年と、どんどん過ぎていきました。

そんな時に、この2つの言葉に出逢い、もしかしたらお客様は自分と出逢わない方が
良かったのでは、他の営業と出逢ってい方が良かったのではと考えてしまいました。
このままでは本当にそうなりかねない、それではこの仕事を始めた意味がないと思い、
何かやらなければ何も変わらないと真剣に考えました。

30歳の時、『65歳まで、後35年間は必ず生命保険の仕事を続ける』
決断しました。
そして自分を直視し自分を棚卸した時、、その目標を達成するためには、自分に
足らないことや必要なもの、回避しなくてはいけないリスクが見えてきました。

そこで今回お話させていただいたような事を考え、試行錯誤、失敗しながらも
実行して、とっても多くの方との出逢いそしてその方々に支えられて今の体制を
作る事が出来ました。
応援して頂いた方々、そして見守ってくれたお客様には本当に感謝しております。

私の好きな言葉に、横浜高校野球部の渡辺監督が、神奈川県大会の決勝で
サヨナラ負けをした時、当時高校2年の松坂大輔に言った言葉で
『目標がその日その日を支配する』
という言葉があります。

どこまで行くのか、どこまで登るのか、同じ一日、同じ一歩でも覚悟が違う
十里の道も一歩から、百里の道も一歩から、千里の道も一歩から、同じ一歩でも
覚悟が違うと言うことだそうです。

今回、色々と生意気に取れるような内容を書いた所もあるかもしれませんが、
自分を直視した時に、自分に確認した事ばかりで、皆様に書いたと言うより、
自分の再確認というところが強いような気がします。

ただ、このホームページとの出逢いが、そしてファイナンシャルプラスのサポートが
皆様に、そして皆様を信頼している多くのお客様のお役に立てれば幸いです。

私は、これからも出逢った方が健康的な生活(身体的、精神的、経済的)を送り続ける
サポートをすることが、両親が私にしてくれた最後の教育を活かす道だと
思っております。

これからも、より多くの方々に貢献できるようにファイナンシャルプラスのサポート内容を
充実してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。
支援して頂いた方々、そして見守ってくれたお客様には本当に感謝しております。



ファイナンシャルプラスとの出逢いが皆様の人生を根底から変える
良き出逢いになれば幸いです




Top
Topics
Introduction Before risk Middle risk
After risk Win-Win-Win
Report Counseling Rating
Support History Partner [e-support]
Mailmagazine

集計機能付きカウンタ